よくあるお悩み>目の疲れ・白内障

目の疲れ・白内障

目の疲れ・白内障目の疲れ
 最近、老若男女を問わず、IT機器の普及で目の不調、疲れを訴える人が非常に多くなりました。
目薬も症状に応じていろいろな種類が出ています。

 眼精疲労はだんだん高じてくると白内障、緑内障、ドライアイの原因になりますので、長時間の作業には途中で目を休めるなど一点を長い時間見つめることは避けましょう。

 目は肝と深いつながりがあります。
目薬と共に肝の機能を高める漢方薬や健康食品で眼精疲労を回復させ、眼疾患の予防にもお役立てください。

白内障
 眼球レンズが白く濁り、視力低下や視野が狭くなる目の疾患です。
一般には加齢とともに水晶体が変性し濁ってきますが、若い人でも紫外線や光線を多く目に受けている人は若年性白内障になることがあります。

 今は医学の発達で簡単に手術ができるようになりましたが、とはいえ目は大切にしたいですから、日常の養生が大切です。目に良いものを積極的に摂り、予防しましょう。